職場環境から会社経営を改善する

【人事労務相談Q&A】労災保険・健康保険の判断基準って何?


【ご質問】

先日、社長に頼まれて自家用車を修理中、工具が足に落ちて親指を骨折してしまった従業員がいます。勤務時間中に起こった事故ですので、業務災害であると認識していましたが、労働基準監督署は、業務災害ではなく健康保険の適用になると主張しています。

そこで、従業員が職場で負傷又は疾病した際の労災保険・健康保険の判断基準を教えてください。

【回 答】

私的行為(プライベート)による災害であるならば、業務外と判断されますので、健康保険が適用となります。

労災保険の適用となるには、まず、業務災害であることが認められなければなりません。業務災害の判断基準は、業務と相当の因果関係があるか否かに基づきます。

業務起因性及び業務遂行性(下記参照)の2つの基準を満たしている時、業務災害であると認められます。業務に直接関係のない私的行為から来る災害については、業務災害ではありませんので、健康保険の適用となります。

業務遂行性・・・労働者が、雇用契約に基づいて事業主の支配管理下におかれた状態である場合に業務遂行性があるとされる。 

業務起因性・・・傷病等が業務を原因として発生したものである(業務と傷病との間に因果関係がある)場合に業務起因性があるとされる。 

ご質問のケースの場合、勤務時間中の災害ですので、業務遂行性は認められますが、社長の自家用車を修理する行為は、社長から個人的に頼まれたことであって、業務に関係のない私的行為ですので、業務災害とは認められない可能性が高いといえます。

東京都北区の社会保険労務士事務所コーディアル人事労務オフィスは就業規則作成、労務相談、社会保険手続、給与計算を全力サポート致します。


最新情報

<< 前の記事

次の記事 >>

TOPへ戻る

労働保険・社会保険

▼最新記事一覧▼

会社と従業員の幸せを第一に考え誠心誠意サポート 社会保険労務士 柳沢育太

コーディアル人事労務オフィス
代表:柳澤 育太(社会保険労務士)
〒114-0003
東京都北区豊島3-2-5TMビル201
TEL : 03-6903-2684
FAX : 03-6903-2685
URL:http://www.cordial-office.com/
line
サービス内容
アウトソーシング
・ハローワークの事業所登録・求人申込代行
・給与計算
・社会保険・労働保険の手続き代行
・助成金申請代行
・派遣申請代行

コンサルティング
・労務相談
・就業規則・諸規程作成及び改訂
・人事制度構築・改定
・セミナー・研修講師

お問い合わせ

recommend
社会保険・労働保険新規加入手続格安プラン
お得なキャンペーン
人事労務問題解決人BLOG
メールマガジン 必殺!!!人事労務問題解決人
お客様の声