職場環境から会社経営を改善する

【人事労務相談Q&A】車での通勤途上において、配偶者を勤務先に送る途中で起きた負傷は、通勤災害になるのか?


【ご質問】

私は車で通勤していますが、妻の勤務先が私の勤務先の500mほど先にあるので、毎朝妻を勤務先まで送り届けた後に、私の会社に向かっています。
 

先日妻を送り届けた後、会社に向かう途中に自損事故を起こし負傷してしまいました。

妻の勤務先に行くために迂回しているので通勤災害が認められるか心配です。






【回 答】

多少の迂回であれば合理的な経路とされ、通勤災害になる

 通勤災害が認められるには合理的な経路で住居と就業の場所を往復していることが要件になりますが、この合理的な経路は、必ずしも最短距離の経路のみではなく、一般に利用することが考えられる経路であれば合理的な経路として認められます。

奥様の勤務先が同一方向で、質問者様の通勤経路からさほど離れていなければ、奥様の勤務先を経由することは通常行われることであり、合理的な経路であるといえます。

 多少の迂回というのが問題になりますが、同じようなケースで1.5km(迂回距離3km)離れた妻の勤務先に妻を迎えにいく(妻の勤務先は自宅とは反対方向)経路上の災害は、合理的な経路とされず、通勤災害と認められなかった事例があります。

 また、迂回距離が2.5kmであっても、夫婦共稼ぎのうえ山間部で公共交通機関の利用では始業時刻に間に合わないようなケースでは合理的な経路とした事例があります。

 このケースと同様ではありませんが、子供を保育園に送る場合の通勤災害について、行政解釈で「他に子供を監護する者がいない共稼労働者が、託児所、親戚宅等に子供をあずけるためにとる経路などは、そのような立場にある労働者であれば就業のためにとらざるを得ない経路であるので、合理的な経路となる」としています。

ただし、通勤に支障をきたす程度に著しく遠回りであるとか、通勤のタイミングと合わない時間に保育園に向かった場合には、合理的な経路と認められない可能性があります。

同じようなケースで、介護が必要な家族を介護施設に送る場合の通勤災害については、他に介護をする者がいないなど、出勤前に介護施設に送らざるを得ない事情があり、また、経路が著しく遠回りでない場合には、子供を保育園に送る場合と同様に、自宅と介護施設との間の経路についても合理的な経路に該当し通勤災害として認められる傾向にあります。

なお、介護に関しての通勤災害について、仕事を終えて介護のため義父宅に立ち寄り、義父宅から帰宅途中の災害を通勤災害と認めた判例があります。

東京都北区の社会保険労務士事務所コーディアル人事労務オフィスは就業規則作成、労務相談、社会保険手続、給与計算を全力サポート致します。


最新情報

<< 前の記事

TOPへ戻る

労災保険

▼最新記事一覧▼

会社と従業員の幸せを第一に考え誠心誠意サポート 社会保険労務士 柳沢育太

コーディアル人事労務オフィス
代表:柳澤 育太(社会保険労務士)
〒114-0003
東京都北区豊島3-2-5TMビル201
TEL : 03-6903-2684
FAX : 03-6903-2685
URL:http://www.cordial-office.com/
line
サービス内容
アウトソーシング
・ハローワークの事業所登録・求人申込代行
・給与計算
・社会保険・労働保険の手続き代行
・助成金申請代行
・派遣申請代行

コンサルティング
・労務相談
・就業規則・諸規程作成及び改訂
・人事制度構築・改定
・セミナー・研修講師

お問い合わせ

recommend
社会保険・労働保険新規加入手続格安プラン
お得なキャンペーン
人事労務問題解決人BLOG
メールマガジン 必殺!!!人事労務問題解決人
お客様の声